DM発送業務で一番時間を要する部分の代行が便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務代行で大きく助かるのはDMの発送業務の代行です。封筒へ多くのチラシやパンフレットDM等をを封入する場合、製作コストに加えて作業費用がかかります。チラシ等の封入には思いのほか手間が掛かります。封筒ギリギリのサイズのものを入れたり、枚数の多いチラシを封入する場合、上手く封筒に収めることが難しく時間が掛かります。また手作業だと入れ間違い等も発生しやすくなります。さらに封入をしたら封緘の作業も同じく発生します。封緘とは封入した封筒の口を糊やテープなどで閉じる作業です。封入と封緘はセットの作業なので時間を要します。
そのような手間のかかる封入業務も代行委託できます。代行業者に依頼すれば発送まで完璧にこなしてくれるので安心できます。

封入封緘業務も機械にお任せ

バックオフィス代行業者には封入封緘を自動化出来る機械を導入している会社もあります。チラシ等、枚数が多くなると手作業で封筒サイズに折るのは大変で正確性が必要ですが、そのチラシを折る機械もあります。手作業に比べ正確ですし、何より時間と人手の削減に繋がり、素早い販促手段が実現できます。
また、封緘の糊付け作業もオートメーション化されていて封筒にしわが入ったり破れたりする心配がありません。自社の人件費削減に大きく寄与することが可能です。バックオフィスを業務委託する場合は是非確認して下さい。

DM発送業務は一貫性が必要

DM発送を委託する場合、作成から封入封緘、発送までを一か所で行っている業者かどうかの確認が必要です。個人情報取り扱いのコンプライアンスが重要視されている現代において、一か所で発送までが完了することはとても重要です。DMの作成、封入封緘、宛名ラベル貼り、検査業務、発送という作業それぞれが別々の場所で行われれば、移動の際に手違いが起こるリスクが高まります。顧客情報だけではなく自社の大切な業務情報が漏えいすれば大きな問題に発展し、販売促進業務が滞ります。
機械化されていることで情報漏えいの不安が解消されるのと同時に、発送前の各種検査も容易に出来ます。例えば誤封入を防止するために封入物の重量を検査することで、入れ間違いによるリスク回避に繋がります。さらに封緘がきっちりできているかの検査はフラップ検査と言い、封緘部にエアを吹き付けることで検知できる仕組みが有ります。大切な情報を顧客に伝える前に封緘ミスで封筒に中身が抜け落ちてしまっては意味がありません。そこまでの検査が徹底されている業者選びが必要です。

ピックアップ記事

DM発送業務代行に必要なこと

自社の発送などの業務を委託するにあたり、その業者選びはとても重要です。会社には様々な大切な情報があります。会社の内部秘事項、企業秘密のような重要な事柄、さらにはその会社の顧客情報などがそれにあたります...

DM発送業務で一番時間を要する部分の代行が便利

業務代行で大きく助かるのはDMの発送業務の代行です。封筒へ多くのチラシやパンフレットDM等をを封入する場合、製作コストに加えて作業費用がかかります。チラシ等の封入には思いのほか手間が掛かります。封筒ギ...

DM発送業務代行でお得にDMを送るには

バックオフィス作業を一手に引き受ける企業にあらゆる面で業務を委託することができれば、自前で人を雇い入れるより場合によってはコスト削減に繋がる可能性があります。その上、必要な顧客情報分析なども行ってくれ...

顧客獲得手段であるDM発送業務を代行

企業にとって新規客を顧客へ変えていくことはとても重要な位置付けにあります。人口減少、少子高齢化が叫ばれている現代だからこそ、新規客から永く付き合いをしてもらえる顧客へと繋げていくことは大切です。そのツ...


コンテンツ

カテゴリー