DRAWERで買取してもらった際の成功例失敗例

DRAWERとは、青山のセレクトショップから発信されたオリジナル商品のブランドであり、今では日本各地に展開しる人気のお店です。女性らしく可愛いらしいデザインながらも、実用的で動きやすいつくりとなっており、様々な年齢層の女性から支持を得ています。高価であり、商品自体もとてもいい物であるため、デザインや色が合わなくなってしまったからと言って処分してしまうのは大変勿体ないです。着られなくなった際は、古着屋に持っていくことで買い取ってもらうことができるほか、熱心なファンや、以前からのその服を探していた方など、その商品を欲しがっている人に届けることができます。この記事では、DRAWERのお洋服をより高く、納得いただける値段で買取に出すためのコツをご紹介します。

買取に出す際に気を付けるべきこと

買取に出すとき、失敗例が多く、気を付けなければならないことはお洋服の汚れです。古着として販売する際、お洋服の見た目の綺麗さは売れ行きや価値に直結します。そのため、汚れが付いたまま査定に出しと想定よりもとても低い値段をつけられてしまう場合があります。少しのシミでも大きく響くことがあるため、気になるところがある場合はお店に持ち込む前にクリーニングに出しておくと安心です。また、査定にはある程度時間がかかることがあります。そのため、DRAWERのお洋服を売り、それで得た資金で新しいお洋服や物を買おうと思っているときは、買取をするまでの時間を少し考慮しておくことが大切です。特に、パーティーで着る服が欲しい、など買いたい物の期日が決まっている場合は注意が必要です。

より良い値段で買い取ってもらうには

より良い値段でDRAWERのお洋服を買い取ってもらうには、前で述べたように出来るだけ綺麗な状態のものを査定に出すことが一番大切になります。そのほか価格が変わる要素としては、査定をしてもらう店の種類が挙げられます。一口に古着屋といっても、カジュアルなものを重点的に取り扱っているお店や、ブランド物を中心に販売しているお店など様々な種類があり、そのお店が求めている商品に合ったものを提示することができれば、他で査定を受けるよりより良い値段をつけてもらえる可能尾性が高くなります。そのため、時間に余裕がある際は、口コミなどを参考にいくつか候補を決めて査定を受け、一番納得のいく値段が付いたところに売る、という方法をとることをおすすめします。しっかりとお店を選び、より良い値段でお洋服を売ってみてください。